総合診療科

 

 

概要・基本方針

「総合診療」はすべての領域にわたるありふれた病気を診療するものです。総合診療医は、体の具合が悪くなったり、健康問題が起こったりしたときに、まず相談できる街のかかりつけ医です。当院総合診療科は、地域包括ケアシステムのハブとして、地域の医療機関と緊密に連携しながら、地域で暮らす皆さんの健康を守り、まちづくりにも貢献しています。

診療内容紹介

「総合診療」という分野は、他の専門科と異なり、現場の置かれた環境に合わせて自分たちの役割を変えていくという特徴があります。当院の総合診療科は、家庭医療の理論に基づき、医学的な病気だけでなく、心理社会的背景にも配慮して、一人の人としての患者さんを診ることを重視しています。

急性期病棟と地域包括ケア病棟を持っているため、地域で暮らすみなさんが急病になったときの初期診療に当たったり、他院で治療を受けた患者さんが地域に戻って暮らす準備をするための入院を受け入れたり、慢性的な病気の継続的な診療を行ったりします。ありふれた病気を中心に、およそ7~8割の患者さんに対応可能ですが、専門的な検査や治療が必要と判断された場合や重症な病気で高度な治療が必要になる場合には、連携する高次医療機関を紹介するシステムもとっており、臨機応変な対応が可能です。

入院診療については、研修医や専攻医と指導医、そして各医療専門職がチームを組んで担当します。綿密に議論を重ねながら診療方針を考え、患者さんご本人とご家族を交えて最終的な診療方針を決めます。また,必要に応じて、在宅医療も提供します。

当科では、EBM(根拠に基づいた医療)を実践しています。最新の研究データ(エビデンス)を踏まえつつ、決してそればかりを頼りにするのではなく、患者さんやご家族のお考えやご希望、当院での臨床経験、当院の置かれている環境などを考慮して、患者さんにとって最善の医療を提供しています。

多様で複雑な問題を抱えるマルチモビディティの患者さんや、ポリファーマシー、リハビリ、退院支援、在宅復帰などを得意としていますので、他院からの紹介、特に重症でない患者さんの急性期診療、また急性期診療を終えた亜急性期の患者さんも積極的に受け入れています。

総合診療科の専門研修情報はこちら

病院見学を希望される方はこちら

02

医師紹介

takemoto

副 院 長

竹本 文美(たけもと ふみ)

専   門

腎臓内科
リウマチ膠原病

資 格 等

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析学会専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
日本内科学会評議員
日本腎臓学会評議員・広報委員・
男女共同参画委員会アドバイザー
日本透析学会評議員
アメリカ腎臓学会会員、国際腎臓学会会員
nango
総合診療科
科長
南郷 栄秀(なんごう えいしゅう)

専門

総合診療、EBM、医学教育

資格

東京医科歯科大学医学部 臨床教授
東京医科大学 臨床研修地域医療指導教授
日本プライマリ・ケア学会 理事・認定医・指導医
日本内科学会 認定内科医・認定内科専門医・指導医
日本医学教育学会 評議員・認定医学教育専門家
日本臨床疫学会 臨床疫学上席専門家
コクランジャパン 監事
tanaka

指導医

田中 顕道(たなか けんどう)

専門

総合診療、家庭医療

資格

日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 JMECC修了
sekiguchi

指導医

関口 豊(せきぐち ゆたか)

専門

総合診療

資格

日本内科学会 認定内科医
日本慢性期医療協会 総合診療医
日本静脈経腸栄養学会 TNT研修会修了
PEG・在宅医療研究会 嚥下機能評価研修会修了
ACLSコース修了
日本救急医学会 JATECコース修了
uchida

医員

内田 吉保(うちだ よしやす)
(平成26年卒)

専門

内科一般

資格

日本内科学会 認定内科医
日本慢性期医療協会 総合診療医
日本静脈経腸栄養学会 TNT研修会修了
PEG・在宅医療研究会 嚥下機能評価研修会修了
ACLSコース修了
日本救急医学会 JATECコース修了
tsuji

医員

辻 雄平(つじ ゆうへい)
(平成27年卒)

専門

内科一般

資格

日本内科学会 認定内科医
yoshida

医員

吉田 如彦(よしだ ゆきひこ)

専門

総合診療
iiduka

医員

飯塚 玄明(いいづか げんめい)

専門

総合診療
shimizu

医員

志水 健太(しみず けんた)

専門

総合診療
kusaka >

医員

日下 敬太(くさか けいた)

専門

総合診療
PageTop