病院紹介

 

● 理 念

”皆様に信頼される安全な医療の提供に努めます”
 

〈基本方針〉

1 患者さまの権利と人格を尊重し、患者さま中心の医療を実践します。
2 チーム医療を推進し、最善の医療を提供します。
3 リスク管理と安全な医療を推進し、真実の公表をします。
4 医療連携を積極的に推進します。
5 地域の皆さまの健康管理を通じ、社会への貢献を目指します。
6 健全な経営に努め、職員が誇りを持てる職場づくりをします。
 

● 施設概要

施  設  名

独立行政法人地域医療機能推進機構 東京城東病院

所  在  地

東京都江東区亀戸9-13-1

開 設 年 月 日

昭和29年6月19日 (現法人移行 平成26年4月1日)

開  設  者

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO:ジェイコー)

診 療 科 目

内科・循環器内科・呼吸器内科・消化器内科
外科・消化器外科・肛門外科
整形外科・放射線科・リハビリテーション科

許 可 病 床 数

130床(実働病床:124床  1泊ドック室:6床)

 

 

gaikan

 

● 教育施設認定
○日本整形外科学会研修施設
○日本手外科学会研修施設
○日本消化器内視鏡学会指導施設
○日本リウマチ学会教育施設
○日本腎臓学会研修施設
○日本内科学会教育関連病院
○臨床研修病院(協力型)

 

● 施設基準

平成29年9月1日現在



基 本 診 療 料 の 施 設 基 準
1 急性期看護補助体制加算(25:1)看護補助者5割以上
2 総合評価加算
3 医療安全対策加算2
4 10対1入院基本料 DPC
5 感染防止対策加算2
6 データ提出加算2
7 患者サポート充実加算
8 退院支援加算1
9 診療録管理体制加算2
10 救急医療管理加算
11 重症者等療養環境特別加算
12 地域包括ケア病棟入院料1
13 臨床研修病院入院診療加算(協力型)
14 看護職員夜間配置加算16対1
特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準
1 糖尿病透析予防指導管理料
2 糖尿病合併症管理料
3 がん性疼痛緩和指導管理料
4 外来リハビリテーション診療料
5 薬剤管理指導料
6 外来化学療法加算
7 無菌製剤処理加算
8 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ
9 運動器リハビリテーション料Ⅰ
10 がん患者リハビリテーション料
11 輸血管理料Ⅱ
12 胃瘻造設術
13 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
14 大腸CT撮影加算
15 検体検査管理加算Ⅰ Ⅱ
16 CT撮影及びMRI撮影
17 がん治療連携指導料
18 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術
19 ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
20 認知症ケア加算1
21 ニコチン依存症管理加算
22 院内トリアージ実施料
 

● 教育病院として

当院は、厚生労働省より臨床研修病院(協力型)に指定されています。
医学部生は卒業後医師免許を取得し、2年間の初期臨床教育を受けることが法律で義務化されています。
臨床研修病院(協力型)は、基幹型病院の依頼に基づき、基幹型病院が設定する研修の一部を担います。
全国の基幹型病院の依頼を受け、特に内科(総合内科)・地域医療分野での研修を実施しております。

また、当院は、2年間の初期臨床研修を修了し、「総合内科」及び「家庭医療」という専門分野を志す後期研修医
の教育病院でもあります。
「総合内科」・「家庭医療」は一般の方には未だ聞きなれない専門科ではありますが、諸外国では確立された分野です。
今後の日本の医療における大きな問題の一つは社会の急激な高齢化に伴う疾病構造の変化/複雑化です。
専門分野に長けた医師のみでなく、複数の慢性疾患を持つ患者を総合的に診療できる医師の育成が急務であると考えられます。

当院は、地域医療の貢献に寄与したいとの思いから、次世代の医療人の育成に積極的に取り組んでおります。
上記の指定による臨床研修医をはじめ、大学の医学生、看護学生などの臨床研修、臨地実習を受け入れており、
診療や検査時に研修生や実習生の同席をお願いすることがございます。
研修生や実習生は名札をつけて判別ができるようにしています。
何卒、趣旨をご理解頂き、皆様のご協力をお願いいたします。
PageTop