院長挨拶

平成26年4月に旧社会保険病院から「独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO:ジェイコー)」という新しい組織に移行し、JCHO東京城東病院として新たに再スタートしてから2年目を迎えました。そして平成27年4月より当院で新しく総合内科診療がはじまりました。

地域医療機能推進機構の使命は、地域医療、地域包括ケアの要として、地域住民の多様なニーズに応え、地域住民の生活を支えること、またその要となる幅広い診療能力を有する総合診療医を養成することであります。機構の総合診療医養成プロジェクトの一環として、当院にてこの度総合内科診療、総合内科研修がスタートしました。

現在総合内科医師は常勤15名であり、急性期(救急含め)の内科疾患全般を幅広く診療いたします。日本国内では今までに例のない総合内科研修プログラムを導入し、診療能力の高い総合医を養成いたします。総合内科医と領域別の内科、外科、整形外科専門医が協働して、地域の皆様の幅広い診療ニーズにこたえていきます。さらに訪問リハビリテーションや当院併設の介護老人保健施設における入所、通所の介護サービスも引き続き充実させながら、地域の医療と介護のさらなる強化に貢献していくことが当院の使命と考えます。

これからも地域の方々に今まで以上に信頼され、いつでもやさしく温かい病院であり、皆様に安心と安全を提供できるよう、心を新たにして職員一同チームワークを大切により一層努力していく所存です。

皆様には引き続きご指導ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

Dr.cyuma    平成27年6月  JCHO東京城東病院  院長 中馬 敦
PageTop