薬剤科

薬剤科では、病院の理念・基本方針に従い、患者さんを中心としたチーム医療に貢献すべく、社会、医療の進歩に伴い、多様化したニーズに応える質の高い薬剤業務の展開を図ることをめざしています。

調剤業務

医師の処方せんに基づいて、投与量や投与方法・併用薬等を確認して、お薬の調剤をしています。薬剤科では、主に入院中の患者さんが対象となりますが、錠剤・カプセル剤をまとめて飲めるように服用ごとに一包化しています。また、飲み間違いや飲み忘れを防ぐため患者さんのお名前、服用する時間、薬品名等を一包ごとに印刷しお渡ししています。

外来、退院の患者さんに対して薬剤情報提供書を添付し、薬の効能や副作用についてお知らせしています。

注射薬についても個人別セットを行い、毎日払い出しを行っています。用法・用量など処方内容のチェックや注射薬混合の可否などの検討を行い、より安全な注射薬の供給を行っています。

また、高カロリー輸液や、抗がん剤についてはそれぞれ適切な環境で調製までを行っています。特に抗がん剤については、入院・外来を問わず、投与量・投与日数・投与間隔さらには、投与直前の患者さんの状態にも十分注意する必要があり、安全管理に努めています。

医薬品管理業務

病院で使われている全てのお薬を管理しています。日々の医薬品の使用量及び在庫量を把握し、正確かつ迅速に供給できるよう発注及び在庫管理をおこなっています。発注したとおりに医薬品等が納品されているかを確認しています。医薬品は光や熱に弱く、効果に影響を及ぼしてしまうことがあるため、適正な温度と湿度で管理しなければいけません。
このように医薬品管理業務では、薬学的な知識を基に、医薬品の品質・安全性が確保されるよう管理をしています。

薬剤管理指導業務

入院された患者さんに、薬に応じてさまざまな服薬指導を行っています。持参されてきた薬のチェック、薬物治療前の投与スケジュールおよび副作用等の説明、治療中の副作用チェック、退院に向けての様々な指導を患者さんの個々の背景に沿った形で行っています。

医薬品情報管理業務

患者さんの薬物治療が安全かつ効果的におこなわれるよう医薬品や疾病、治療等に関係する情報を収集しています。集められた情報は、薬剤師により整理、編集され病院内の関係部署に随時提供しています。また、医師や患者さんからの問い合わせに対しても文献等に基づき回答しています。

その他

薬剤科では、院内外の様々な学会・研修等に積極的に参加し、常に薬剤師のレベルアップを心掛けています。
PageTop