研修医

当院では2016年度後期研修医を募集しています!
初期研修について後期研修について

初期研修

当院は下記の基幹型臨床研修病院の協力型臨床研修病院・協力施設となっています。

当院が協力型臨床研修病院 分野:総合内科(いずれも平成28年度より)
・JCHO東京高輪病院
・川崎市立多摩病院

当院が協力施設 分野:地域医療(本年度より)
・JCHO東京高輪病院
・国立国際医療研究センター
・京都民意連中央病院
・糸魚川総合病院

当院では、協力型病院・協力施設として教育活動をともに推進して頂ける基幹型病院を随時募集しております。
ご連絡はページ下部の宛先まで。

後期研修

【JCHO東京城東病院 日本版ホスピタリスト養成プログラム】

JCHO東京城東病院後期研修プログラム (家庭医療プログラム、内科プログラム)

〇内科に強い病院総合医になろう!
-----------------------------------------------------------------------------------------
当プログラムの中核となるのがJCHO城東病院総合内科の研修です。
全ての内科疾患を総合内科が診療するため、幅広い疾患を診ることが出来ます。
感染症は言うまでもなく、脳梗塞や関節リウマチ/PMR、心不全やCOPDなど、
大病院であれば専門医が担当する内科疾患も我々の守備範囲です。
フィードバックが充実しており、洛和会仕込みの指導医がリーダーとして、
チームで朝の回診、夕方の振り返りを行っています。

〇外来に強くなろう!
-----------------------------------------------------------------------------------------
外来診療を重視しているのもこのプログラムの特徴です。
JCHO城東病院総合内科ではすべての内科初診外来患者を担当し、スタッフの
フィードバックが入るので、自然に臨床推論が強くなります。

城東病院での継続外来も3年間のプログラムを通じて行います。
継続外来に関してもスタッフのフィードバックがあります。
EBMや家庭医療の基礎を学ぶことが出来ます。

〇家庭医療の理論が身につく
-----------------------------------------------------------------------------------------
困難な症例に関しては多職種で臨床倫理カンファレンスを行うなど病院での家庭
医療の実践についても注力しています。

当科の松本は家庭医療指導医で、チーフの森川と共同編集幹事として南山堂の
特集を企画しました。
診療所ではなく病院での家庭医療の実践も勉強することが可能です。


kateiiryo

〇魅力的なカンファレンスや教育回診
-----------------------------------------------------------------------------------------
教育カンファレンスを頻繁に行っています。
EBMの基礎を学ぶジャーナルクラブ、知識のブラッシュアップをするマニュアル
カンファレンス、臨床推論カンファレンス、コアレクチャー、ジャーナル流し読み
などカンファレンスには困りません。
さらに、青木眞先生、徳田安春先生、山中克郎先生、志水太郎先生、上田剛士
先生、坂本壮先生など著名な院外講師の招聘を多数行っています。
感染症に関しては根本 隆章先生、膠原病に関しては陶山 恭博先生と一流の専
門医を招いてカンファレンスを定期的に行っています。
なお、代表的な電子教科書であるUp to Dateを無料で使用することが出来ます!

〇魅力的なローテーション案 (家庭医療プログラム)
-----------------------------------------------------------------------------------------
*家庭医療専門医取得可能

〇総合診療研修Ⅱ
JCHO東京城東病院総合内科

⇒レジデントデイも月1回実施し、ポートフォリオの指導や振り返りも行います。

〇総合診療研修Ⅰ
家庭医療学開発センター(CFMD)の教育診療所
錦糸町クリニック
JCHOさいたま北部医療センター

⇒希望者は日本の家庭医療のトップランナーであるCFMD(家庭医療学開発セン
ター)の教育診療所をローテーション出来ます(1年間)

〇内科研修
JCHO東京新宿メディカルセンター チームG
JCHO東京山手メディカルセンター 総合内科

⇒JCHO基幹病院で徹底して総合内科研修を行うことが出来ます。

〇救急研修
JCHO東京新宿メディカルセンター(ER)

〇小児科研修
JCHO東京山手メディカルセンター
JCHOさいたま北部医療センター

〇その他(選択研修)   リサーチ研修、緩和ケア研修、整形外科研修etc

【ローテーション案①】
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 研修場所 東京城東病院総合内科 東京新宿メディカルセンター
研修領域 総合診療専門研修Ⅱ 内科研修チーム(G) 救急研修
2年目 研修場所 東京城東病院総合内科 東京山手メディカルセンター
研修領域 総合診療専門研修Ⅱ 小児研修 内科研修(総合内科)
3年目 研修場所 CFMD診療所(ふれあいファミリークリニック他)
研修領域 総合診療専門研修Ⅰ
【ローテーション案②】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 研修場所 東京城東病院総合内科 東京新宿メディカルセンター
研修領域 総合診療専門研修Ⅱ 内科研修チーム(G) 救急研修
2年目 研修場所 東京城東病院総合内科 東京山手メディカルセンター
研修領域 総合診療専門研修Ⅱ 小児研修 内科研修(総合内科)
3年目 研修場所 東京城東病院 選択研修 明正会錦糸町クリニック
研修領域 リサーチ研修 選択研修 総合診療専門研修Ⅰ
 

〇魅力的なローテーション案(内科プログラム)
-----------------------------------------------------------------------------------------
*内科学会認定医、日本病院総合診療学会認定医取得可能
2年次は3か月、3年次は半年の院外研修が可能です!
ICUや膠原病、救急、感染症などニーズに応じて自由にカスタム出来ます!
ローテーション先の希望は最大限叶えるように努力いたします。
将来、専門内科に進む先生にもお勧めできます。

 

内科プログラムローテーション例

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 研修場所 東京城東病院総合内科
研修領域 内科研修
2年目 研修場所 東京城東病院総合内科 藤田保健衛生大学
研修領域 内科研修 ICU研修(選択研修)
3年目 研修場所 東京城東病院総合内科 選択研修
研修領域 内科研修 膠原病・救急・感染症など
 

〇リサーチ研修(家庭医療プログラムでも内科プログラムでもローテーション可)

希望者はJCHO東京城東病院でリサーチ研修が出来ることも特徴です。
当院の副院長は、内科の大学教授だった経歴を持っています。
副院長をはじめとした指導医のもと、症例報告や臨床研究の実践を集中的に行うことが出来ます。

〇最後に日本版ホスピタリストとは
-----------------------------------------------------------------------------------------
JCHO東京城東病院が考える日本版ホスピタリストは幅広い内科疾患の診断と
治療が出来ることを前提としています。また、病棟だけでなく救急・外来と幅広い
分野で活躍できる人材を考えています。さらに、家庭医療の理論も持ち合わせ、
社会的問題や多職種連携にも強い人材です。日本版ホスピタリストに必要とさ
れる4大能力は以下の通りです。
①臨床推論
②EBM
③内科マネージメント
④家庭医療の理論
当プログラムの卒業生はこれらの能力を全て持った人材になり、これからの日本を
担うことになるという自負を持っています。一緒に日本版ホスピタリストを目指しませんか。

見学希望の方は jotosec@gmail.com まで【見学希望】と題名に書いて、名前、
所属、医師年数、経歴を銘記してメールをしていただければと幸いです。
見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。
PageTop