医師

総合内科フェロー募集総合内科スタッフ募集総合内科 出産・育児後復職支援プログラム
総合内科短期研修プログラム健康管理センター

総合内科フェロー募集

poster_s

東京城東病院総合内科では2015年以降、3年目~5年目の内科後期研修医を多数受け入れてまいりましたが、
今回、卒後6年目以降のフェローを募集します。

対 象:平成29年4月1日時点で卒後6年目以上の医師

また、下記のいずれかに当てはまる方

・幅広い内科疾患を同時に何例か持ち病棟診療を行いたい。
・病棟だけでなく、救急や外来診療も行いたい。
・病院での家庭医療の実践に興味がある。
・他科で研修を積んだが、今後改めて総合内科医を志したい。

募集人数:若干名

研修期間:原則2年間(応相談)
研修場所:原則、東京城東病院総合内科での研修を基本としますが、院外研修も可能です。
詳細は来院時にご相談させていただきます。

研修の目的:
・個人のレベルに即した総合内科研修を病棟・外来・救急で行う。
・いずれはチームリーダーとして病棟指導、および外来指導を行う。
・執筆活動や学会活動などの院外活動を積極的に行う。
・小規模病院および地域病院での総合診療/総合内科のロールモデルの作成に寄与する。

研修内容:
①    病棟
・チーム制の屋根瓦式教育を行っています。
・全ての分野の内科疾患を診療することが可能です。
・毎日朝のチーム回診、夕方の振り返りとフィードバックが充実しています。
・数は少ないですが、集中治療を要する患者も経験することが出来ます。
②    救急
・全ての内科系救急に関しては総合内科がファーストタッチで初療にあたります。
・救急で入院が必要になれば引き続き担当医となることが可能です。
・救急から入院まで一連の流れで診ることで経験値が深まります。
③    外来
・病院の午前中の初診外来は総合内科が担当しています。
・スタッフのフィードバックが必ず入るため、臨床推論の訓練の場として最適です。
・継続外来を重視しているのも当科の特徴です。
・EBMや家庭医療の視点を交えて継続外来を行っています。
・必要に応じて継続外来のフィードバックも行います。

当院で研修することのベネフィット:
① 魅力的なカンファレンスや教育回診
・教育カンファレンスを頻繁に行っています。院内カンファレンスは以下のとおりです。
月:放射線シェアカンファ
火:コアレクチャー
水:ジャーナルクラブ
木:マニュアルカンファレンス
金:臨床推論カンファレンス
② 著名な院外講師にじかに学ぶ機会
青木眞先生(感染症)、徳田安春先生(総合内科)、山中克郎先生(総合内科)、志水太郎先生(総合内科)、
上田剛士先生(総合内科)、坂本壮先生(救急科)、根本隆章先生(感染症)、陶山恭博先生(膠原病)らを
招きカンファレンスを定期的に行っています。
③ 代表的な電子教科書であるUp to DateとDynamedを無料で使用出来ます。
④     病院での家庭医療の実践
・病院での困難症例に関しては多職種で臨床倫理カンファレンスを行っています。
・当科の松本は日本プライマリ・ケア学会認定指導医であり、病院での家庭医療の実践を経験しスキルを身に着けることが可能です。
⑤ 商業誌執筆機会の確保
・商業誌執筆の機会が比較的豊富なのも当科の特徴です。

申込み方法:
見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。
jotosec@gmail.com まで、【見学希望】と題名に書いて、名前、所属、医師年数、経歴を明記の上、メールをしていただければ幸いです。

 

総合内科スタッフ募集

私たちとミッションとビジョンを共有する、日本版ホスピタリストを目指す総合内科スタッフ(指導医)を募集します。

対  象:平成29年4月1日時点で卒後6年目以上の医師
病院総合診療/家庭医療の経験がある方が望ましいが、内科の資格があればOK

募集人数:若干名

ミッション:
総合内科(GIM)に家庭医療を融合させた小規模病院における病院総合診療医(日本版ホスピタリスト)のロールモデルを提示する。

ビジョン:
・幅広い医学的知識をベースとしつつ全人的医療を行う。
・地域包括ケアにおける中心的役割を担い、地域に貢献する。
・地域の高齢者が健やかに過ごせるように、急性期~慢性期まで切れ目のない医療を提供する。
・近隣の急性期病院並びに診療所と積極的に連携をすすめる。
・根拠に基づいた医療を実践し、病院経営に貢献する。

総合内科スタッフにとっての城東病院総合内科の特徴:
・全ての内科病棟を総合内科が受け持つので、やり甲斐がある。ホスピタリストとしての能力を十分に発揮することが出来る環境
・全ての内科系救急も総合内科が担当している。救急から病棟まで一連の流れで診療可能。
・初診外来/継続外来の指導も出来る。臨床推論やEBM,家庭医療の知識や理論をフィードバックする機会に恵まれている(外来だけに専従するブロックもある)
・朝の教育カンファレンスの運営に主体的に関わることが出来る。新しいカンファレンスのアイディアは積極的に受け入れます!
・基本、平日のみの出勤です。週1回の平日は半日休みになるのでQOLも確保。
・MPHなど学業と仕事の両立が可能(当院のスタッフの1人は聖路加国際大学の社会人MPHコースに在籍中)
・東京に病院があるため、勉強会や商業誌執筆などの機会が豊富にあります。
・院外講師が充実しています。徳田安春先生や志水太郎先生が定期的に来院されます。他には上田剛士先生、南郷南郷先生、
坂本壮先生など有名な講師も招聘。リウマチや感染症の専門的なカンファレンスも行っています。呼びたい講師がいれば呼ぶことも可能。
・Up to DateやDynamedは無料で使用可能
・病院で家庭医療の理論を実践することが出来る。

申込み方法:
見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。
jotosec@gmail.com まで【見学希望】と題名に書いて、名前、所属、医師年数、経歴を銘記してメールをしていただければと幸いです。

 

総合内科 出産・育児後復職支援プログラム

総合診療や総合内科で研修をし、その後病院での総合診療のキャリアを歩むにあたり、医師は出産・子育てによりキャリアが
中断する可能性があり、その場合病棟業務を行うことが難しい現状がある。医師が家事や子育てをしながらでも病棟の研修や
指導を出来るようにすることを、このプログラムの目的とする

対 象:平成29年4月1日以降勤務可能な、育児中の医師

募集人数:若干名

待 遇:
実力と実績により、指導医あるいは研修医として勤務する。

・指導医
総合内科もしくは総合診療・家庭医療の後期研修を修了もしくはそれに準じた経歴を有し、内科指導医として適切な能力を
有する場合は指導医として勤務をする。

・研修医
総合内科もしくは総合診療・家庭医療の後期研修が未修了もしくはそれに準じた経歴の場合は原則として病棟の研修医として
勤務をする。研修医は病棟の患者をチームリーダーとともに担当する。

勤務体系:
非常勤であれば各々のニーズに合った勤務体系が相談可能(時短勤務なども)
研修医の場合は非常勤であっても週4回の勤務を原則とする(勤務時間などは要相談)。
日当直および夜間の呼び出しは免除する。
常勤であれば平日8時半~17時15分まで週5勤務とする。
常勤指導医の場合は、平日週1回は半日のみの勤務とする。
なお、基本的に残業はない方向とします。

業務内容:
・病棟/救急
基本的にチームの一員として病棟および内科救急の診療に従事をする。
指導医は主にチームリーダーもしくはチームリーダー補佐として後期研修医の指導を行う。
研修医は病棟研修を主に行いつつ、適宜内科救急の対応も行い、入院が必要であればそのまま病棟担当医となる。
不在時などの研修医のサポートはチームリーダーおよびチームメンバーである後期研修医、診療看護師が行うこととする。

・外来
指導医は適宜、初診外来の指導も必要に応じて行う。

申込み方法:
見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。
jotosec@gmail.com まで、【見学希望】と題名に書いて、名前、所属、医師年数、経歴を明記の上、メールをしていただければ幸いです。

 

総合内科 短期研修プログラムの紹介

この度東京城東病院では総合内科の短期研修プログラムをはじめました。

対 象:平成29年4月1日時点で卒後3年目以降の医師。
また、下記いずれかに当てはまる方

・総合内科医として小規模病院で病棟/外来/救急と全ての分野を同時並行で診療および指導する経験をしてみたい。
・専門家として将来を考えているが、期間限定で内科一般を幅広く勉強する機会を持ちたい。
・将来開業を考えているが、開業前に内科を幅広く勉強したい。

募集人数:若干名

研修期間:3ヶ月~1年(応相談)

待 遇:研修期間などにより当院から給与の支給は可能。

城東病院総合内科の短期研修の特徴:
・全ての内科病棟を総合内科が受け持つので、やり甲斐がある。ホスピタリストとしての能力を十分に養い発揮することが出来る環境
・全ての内科系救急も総合内科が担当している。救急から病棟まで一連の流れで診療可能。
・初診外来/継続外来の指導も出来る。臨床推論やEBM,家庭医療の知識や理論をフィードバックする機会に恵まれている(外来だけに専従するブロックもある)
・東京都内や近郊の勉強会参加や商業誌執筆などの機会が豊富にあり、高いモチベーションを維持しながら臨床できる。
・院外講師が充実している。徳田安春先生や志水太郎先生が定期的に来院される。他、上田剛士先生、南郷栄郷先生、坂本壮先生など
有名な講師も招聘。専門家を招聘してのリウマチや感染症の専門的なカンファレンスも開催。招聘したい講師がいればリクエストが可能。

申込み方法:
見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。
jotosec@gmail.com まで、【見学希望】と題名に書いて、名前、所属、医師年数、経歴を明記の上、メールをしていただければ幸いです。

 

健康管理センター

【常勤医師募集】

◆業務内容
(1)受診者の問診・診察、結果説明、画像読影
(2)健診後の説明、精密検査の説明
(3)評価表の作成等

◆応募資格
内科系学会の専門医または総合内科専門医資格を有している方

◆募集人数
1名

◆給与
当院の規定に準ずる

◆勤務時間
月曜日~金曜日(週5日) 8:30~17:15(60分休憩) 実働7時間45分

◆休日・休暇
・土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12/29~1/3)
・年次休暇 当院規定による(毎年1/1に20日付与)
・産前産後休暇、育児休業、介護休暇あり

◆選考方法
面接

◆応募方法
・履歴書(顔写真付)
・職務経歴書
・医師免許の写し
・保険医登録票の写し
上記書類を事前に下記までお送りください。面接日については追って連絡いたします。

◆問い合わせ先
〒136-0071
東京都江東区亀戸9-13-1
独立行政法人地域医療機能推進機構 東京城東病院 総務企画課宛て
電話03-3685-1431
PageTop